患者さんへ

保険診療と保険外診療の技工物

保険診療と保険外診療の技工物

歯科医院の治療は、「保険治療」「保険外治療」の2つに分けられます。保険治療は保険が利くため、治療費の3割負担で治療を受けられます(残りの7割は市区町村が負担)。また保険治療は、同じ治療であればどこの歯科医院で受けても治療費がほぼ変わらないのが特徴です。

一方、保険外治療は、その名の通り保険が利かない治療です。したがって治療費は全額患者さんの負担になります。また保険外治療では治療費が歯科医院によって大きく異なるのが特徴です。同じ治療でも歯科医院によっては3倍以上の治療費になることも少なくありません。

保険治療の技工物

保険が利くかどうかは、治療に使う素材・治療法によって決まります。ですので、保険治療の技工物はあらかじめ決められた条件の範囲で造られています。保険外治療に比べると非常に安価ですが、審美性や機能性は劣ります。

保険外治療の技工物

保険こそ利きませんが、保険治療のように材料に制限がないため、治療目的や患者さんの希望に合わせて自由に材料を選んで造られる技工物です。保険治療より審美性や機能性が高いといえます。

治療と技工物の関係

保険治療は治療費が安く、素材・治療法が明確に決められている分、歯科医院としても限られた時間で行おうとする傾向があります。そのため、技工所によっては保険外治療の技工物に比べ、あまり精度を求めずに造られている場合も多くあります。

弊社では保険治療の技工物であっても、保険外治療と同様に一つひとつ丁寧に製作しています。安心してご依頼いただけます。